フリープランで引越し

引越しは利用者のニーズに合わせて、午後指定や午前指定などのプランがあります。なかでも格安な引越しが実現するプランが、時間指定をしないフリープランです。フリープランは引越しの日にちだけ決めて、搬出と搬入の作業開始時間は業者に任せるというプランです。時間だけでなく引越しの日にちも引越し業者の都合に合わせて決めることで、引越し費用をさらに安くしている業者もあります。業者にとっては引越し作業に必要な人員やトラックの調整が効率よくできるので、時間や日にちを指定するプランより格安な料金設定が可能になります。(参考:格安引越し業者|ファミリー引越センター

カレンダー具体的な作業時間は、前日までに業者からおおよその時間の連絡が入る場合と、当日に連絡が入る場合があります。前日までに連絡があっても、当日になってから前に入っている引越し作業の影響で時間が変更になることもあるので、当日は1日予定を空けておくなど余裕をもって依頼しましょう。フリープランは待機時間が長くなる場合や、作業時間が夜間になる可能性もあります。早朝でも夜でも当日中に搬入出が終わればいい、翌日は休日だなど、時間に余裕がある人に特に向いています。

搬入出作業が早朝や夜遅くになった場合に備えて、引越し作業の騒音でご近所迷惑にならないよう、事前に挨拶へ伺っておく安心でしょう。自分や家族の予定を考慮しながら、引越し業者と事前にしっかり相談してプランを決めましょう。


見積もり時のポイント

同じ作業内容なら少しでも安い業者を選びたいものです。見積もりは作業内容や引越し料金が分かる大切な過程です。安い費用で引っ越すために、見積もりにはどのようなポイントがあるのでしょう。

見積もりは複数の業者からとりましょう。一社だけで即決せずに、他社の見積もりを伝えながら複数の引越し業者とやりとりを重ねます。値段だけでなく付加サービスにも注目しながら交渉しましょう。

トラック荷物が多い場合は訪問見積をお願いしましょう。引越し料金はトラックの大きさや人員数によっても変わります。トラックの大きさは荷物の量によって変わるので、実際の荷物量や大きさ、間取りを見てもらうことで適切な大きさのトラックや人員を確保してくれます。万が一、当日になって荷物が入りきらない場合は無料でピストン輸送してくれるのかどうかも見積もりで確認しましょう。訪問見積はその場で見積書を貰えるので、荷物や話した内容が記載されているか確認することで後のトラブル防止にも役立ちます

不用品は見積もり前に処分します。荷物が減ってトラックの大きさが変化すると、料金が安くなります。買取りや引き取りを行っている引越し業者もあります。

日にちや時間に余裕があって業者の都合に合わせることができる場合は、そのことを伝えると安くなる可能性があります。また、単身者向けや家族向け、学生向けなど適切なパックやコースを選ぶことで安くできます。