見積もり時のポイント

同じ作業内容なら少しでも安い業者を選びたいものです。見積もりは作業内容や引越し料金が分かる大切な過程です。安い費用で引っ越すために、見積もりにはどのようなポイントがあるのでしょう。

見積もりは複数の業者からとりましょう。一社だけで即決せずに、他社の見積もりを伝えながら複数の引越し業者とやりとりを重ねます。値段だけでなく付加サービスにも注目しながら交渉しましょう。

トラック荷物が多い場合は訪問見積をお願いしましょう。引越し料金はトラックの大きさや人員数によっても変わります。トラックの大きさは荷物の量によって変わるので、実際の荷物量や大きさ、間取りを見てもらうことで適切な大きさのトラックや人員を確保してくれます。万が一、当日になって荷物が入りきらない場合は無料でピストン輸送してくれるのかどうかも見積もりで確認しましょう。訪問見積はその場で見積書を貰えるので、荷物や話した内容が記載されているか確認することで後のトラブル防止にも役立ちます

不用品は見積もり前に処分します。荷物が減ってトラックの大きさが変化すると、料金が安くなります。買取りや引き取りを行っている引越し業者もあります。

日にちや時間に余裕があって業者の都合に合わせることができる場合は、そのことを伝えると安くなる可能性があります。また、単身者向けや家族向け、学生向けなど適切なパックやコースを選ぶことで安くできます。