格安で引越すポイント

引越しは多くの手続きや作業が必要です。格安な引越しのために忙しいなかで準備や情報収集をしている人もいるでしょう。引越しを安くするためにはいくつかのポイントがあります。

繁忙期は引越しの予約が殺到して、料金の値下げもしづらくなります。反対にあまり忙しくない時期は値下げや格安での引越しが実現しやすいです。引越し業者が特に忙しいのは2月~4月と、9月~10月と言われています。また、平日より土日の方が忙しくなります。繁忙期や土日を避けられない場合は、時間や日にちを指定しないフリープランにすると格安での引越しが可能です。

段ボール見積もりを複数の引越し業者からとることで、自分で比較するだけでなく、値下げの交渉にも使えます。引越しは時期や荷物の量などによって金額が変わるので、複数の見積もりによって自分自身の引越し料金の相場を知ることもできます。

値段も大切ですが、作業の丁寧さやサービスの内容も大切です。無料で貰える段ボールの枚数や回収、梱包資材の貸し出しが有料なのか無料なのか、梱包はどこまでが無料か、大きな家財の梱包はどのように行うのかなどです。梱包はコースや業者によって無料の範囲や梱包方法が異なりますが、基本的には大きな家財以外は自分で梱包することで安くなります。限られた時間のなかで効率的かつ格安に引っ越すために、引越しが決まったら余裕をもって早めに準備しましょう。


格安で引越しをしよう

男女引越しは節約してもお金がかかります。引越し業者への支払い以外に、新居のサイズに合うカーテンや家具の購入、ご近所への挨拶の品などさまざまな出費があります。新しい生活に備えるために、引越し費用を抑えて格安で引越しを行うにはどのような方法があるのでしょう。

繁忙期と土日の引越しは安くなりにくいので、この時期を避けられない場合はフリープランにすると格安になります。無料の段ボールの枚数や梱包資材の貸し出し、養生の有無など内容は業者やコースによって違うので確認します。大きな家財道具以外は自分で梱包すると安くなります。

見積もりは複数の引越し業者からとり、自分自身の引越し料金の相場を知って値下げの交渉に使いましょう。他社の見積額を提示しながら、サービス内容も確認して交渉します。引越し料金は荷物量とトラックの大きさも影響するので、訪問見積で実際の量などを見て貰います。荷物を少なくするため、見積もり前に不用品を処分します。その場で渡される見積書に契約内容が書かれているので、当日の金額変更などトラブル防止にもなります。

日時指定をしないフリープランは、業者の都合に合わせるので引越し費用が安くなります。前日まで又は当日に予定時間の連絡がありますが、当日になって時間が変更されることもあるので1日空けられるなど余裕のある人に向いています。早朝や夜の作業になる事も考慮して、事前にご近所へ挨拶しておくと安心でしょう。

時間指定の有無や単身向けなど、最適なプランを選ぶことで格安な引越しが実現します。このサイトでは見積もりのポイントやフリープランについてなど、格安で引越しを行うポイントを説明します。